【ネイティブの現実】関係副詞「Where」の使い方

“This is the place where I live.”は「ここは私が住んでいる場所です」を意味し、ここで使われている”where”は関係副詞と呼ばれています。”where”と聞くと真っ先に「場所」を思い浮かべると思いますが、実はネイティブの日常会話では”where”は「場所」以外にも使われることが多いので、今回は関係副詞”where”の使い方についてわかりやすく解説していきます。

“This is the place where I live.”は「ここは私が住んでいる場所です」を意味し、ここで使われている”where”は関係副詞と呼ばれています。”where”と聞くと真っ先に「場所」を思い浮かべると思いますが、実はネイティブの日常会話では”where”は「場所」以外にも使われることが多いので、今回は関係副詞”where”の使い方についてわかりやすく解説していきます。

📝今日のレッスンのまとめ📝
===================================
1. Intro 00:00
2.物理的な場所を表す時に使われる”where” 00:45
3. 場所以外を表す時に使われる”where” 02:16

**ネイティブに聞く「There you go」の使い方**
「恥ずかしい」を和英辞書で引いた時に出てくる代表的な英単語と言えば “embarrassed”と“ashamed”ですが、この二つはどのように使い分ければいいのでしょうか?今回は、ネイティブ講師のKelly先生に“embarrassed”と“ashamed”の違いについて質問してみようと思います。https://youtu.be/4vek8H8385Y

===================================
☆【Hapa Buddies】Hapa英会話オンラインコミュニティ
英語が好きな仲間と一緒に楽しく英語を学びませんか?
https://hapaeikaiwa.com/buddies/

☆インスタやツイッターでも日常会話で使える実践的なフレーズを毎日投稿しています!
 ・インスタ: https://www.instagram.com/hapaeikaiwa
 ・ツイッター:https://twitter.com/hapaeikaiwa

☆ Spotifyオリジナル番組「English Mindset」
英語力ゼロで海外に飛び出したアスリートやクリエーター、留学経験なしの経営者などをゲストに迎え、インタビューを通して英語習得のカギとなった彼らの思考ロジックに迫る番組。 http://spoti.fi/HapaENGLISHMINDSET

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。