落合陽一「皆いつの間にか“人気の奴隷化”している」「この芝は青いぞと言った責任を取れよと俺は思うタイプ」 経済学者・小島武仁と考える『アテンションエコノミー』と『資本主義の未来』を語る意味

番組のフル視聴(83分)はこちらから
▶️https://bit.ly/3Tds035

10日間無料トライアルはこちらから
https://bit.ly/3ur738D

番組のフル視聴(83分)はこちらから
▶️https://bit.ly/3Tds035

10日間無料トライアルはこちらから
https://bit.ly/3ur738D

学割(月額500円)はこちらから
https://bit.ly/3dyAGhI
_____

【対談第2弾】資本主義を巡る議論が近年、熱を帯びている。発展の原動力として世界経済を牽引し、社会に豊かさをもたらしてきた資本主義は今、格差の拡大や気候変動の深刻化、成長の停滞などの危機に直面していると指摘され、“資本主義の限界”や“脱成長”といった論調まで登場している。どのような歪みが生じ始めているのか?資本主義を捉え直す必要性は?そもそも資本主義の未来を語る意味、そして“アテンションエコノミー”から離脱した先にあるものとは?経済学者・小島武仁と落合陽一が、大きな岐路に立っている“資本主義”について考える。

#落合陽一
#weeklyochiai
#小島武仁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。