【落合陽一】現代の“勤勉さ”は「日本人が余計に作り上げたもの」「市場資本主義、金融工学に毒されてしまった」知の巨匠、松岡正剛が編集工学者としてのルーツと日本を語る!なぜ『少数なれど熟したり』が大事か?

番組のフル視聴(78分)はこちらから
https://bit.ly/3O7KMrQ

10日間無料トライアル実施中
http://bit.ly/3X5XMzD

番組のフル視聴(78分)はこちらから
https://bit.ly/3O7KMrQ

10日間無料トライアル実施中
http://bit.ly/3X5XMzD

_____

「あなたの仕事はたいへん編集的である」
これは何も記者やテレビのディレクターに投げかけられた言葉ではない。「編集力」は料理人や子育て中のお母さんやお父さんなど、実は誰しもが身につけている能力である。こう指摘してきたのが、編集工学者の松岡正剛だ。
いま私たちが生きる社会は「膨大な情報」に溢れ「多種多様な価値観」と共生する時代。編集工学とは「情報の大海原」を“もっと面白く生きるための泳法“であるという。
なぜ情報を編集することが大切なのか?編集工学の研究を通して松岡正剛は何を伝えてきたのか?そして、これまで歩んできた人生に思うこととは?落合陽一が「知の巨匠」の“人生と編集“を読み解く。

#落合陽一 #weeklyochiai #松岡正剛 #編集 #編集者 #編集工学 #千夜千冊 #資本主義